アメリカで入国拒否 -ビザ・ESTAの確認を確実に- 海外で困ったこと、その2

新型コロナのおかげで暇なので早速「その2」の発表です。

アメリカで入国拒否された話です😨
入国審査で「No.」と言われたことがありますか。

1.乗り継ぎでロサンゼルス国際空港へ

その日はメキシコのバヒオ国際空港 (BJX) 🌵🛫 ロサンゼルス国際空港 (LAX) 乗換🌞🛫ドイツのフランクフルト国際空港 (FRA)🍺 への大移動日でした。

当初はL.A.までの予定だったのですが、仕事の都合でフランクフルトまでの便を付け足したこともあり、L.A.での待ち時間は10時間😱L.A.の駐在員と空港で合流して一緒にご飯を食べてちょろっと観光させてもらう予定でした。

私はアメリカの就労ビザを持っていたのでそれで入国するつもりでした。

アメリカはビザなしでの90日以内の短期商用・観光目的の入国の場合は「ESTA」を申請する必要があります。何の手続きもなく入国できることはまずありません。

詳しくは旅行会社などに必ずご確認ください。

ESTAセンターHP
https://esta-center.com

この時は人生で2回目のアメリカ入国🛬

1回目は 成田 (NRT)🗾🛫 ロサンゼルス国際空港(LAX) 乗換🌞 🛫メキシコのバヒオ国際空港 (BJX) 🌵で、その時はすんなりだったので今回は不安なく入国審査へ。

そこで突き付けられた

入国審査官
入国審査官

N O.

私

WHY!!!!

入国審査官
入国審査官

You oiasfmasofnanfaorhfr!!
It fahfqwj?? Uh?

私

ナニ言ッテルンデスカ、、??
スペイン語 please

入国審査官
入国審査官

Hola, hablas espanol??

助かりました。
英語よりスペイン語の方が得意なんです🌵笑

言われたのが

・今回は乗継のための入国であり就労目的ではない。よって就労ビザでの入国は認めない

・乗継のためであればESTAが必要

やべー、ESTA申請してねぇよ。。。
ESTAって入国3日間前までに申請しないといけないんじゃかったっけ、、、?
やべーよ、助けてくれよ。

そんなこんなしてたらデルタ航空の職員が来ました。
(L.A.まではデルタ航空で来ていたので)

🙎「ちょっと来て」と航空会社の事務所(というか小部屋)に連れていかれます。
そしたら航空会社の人が🙎「今からESTA申請して」とスマホ貸してくれました📱

今思えばあの部屋はなんだったのでしょう。
休憩所ではなく執務スペースでもなく、モニターが何個かあった気がしますが。。。

ポチポチ入力して送信💬するとあんまり画面の内容覚えていませんが、受付ナンバーみたいなのが表示されていたと記憶してます。

🙎「OK , here we go.」とまた入国審査官のところに連れていかれます。

怪訝な顔されましたが入国を認めていただき
駐在員と約束より1時間以上遅れて合流できました。。。

良かったー。。。
ひやひやしたー。

L.A.でお昼ご飯食べて、PALOS VERDESという景色キレイなとこ連れてもらって、ブラブラしてまた空港に送り返してもらってフランクフルト便に乗れました。ちゃんちゃん。

2.アメリカのビザ・ESTAの話を少しだけ

先ほども申し上げましたが、

アメリカ(ハワイ含む)にパスポートだけで入国できるということはまずないと思ってください。

ざっくり分類すると、、、

90日以内の短期商用(出張など)や観光目的の入国であればESTA

アメリカ経由で第3国に行く際のアメリカへの入国もESTA

それ以上の滞在はビザ
(ビザにも色々種類があります)

そして、ESTAはハワイを含むアメリカへ入国する72時間前には申請(申し込み)し、米国への渡航認証許可を得ることを推奨されています。

👇詳しくはこちら👇
https://esta-center.com

日本のパスポートは信用度が高くパスポートだけで行ける国が多くありますが、そうでない国もありますし、長期滞在する場合はビザが必要になります。行き先や経由地の入国規則を必ず調べてから渡航するようにしてください。

また、1つ疑問が残ります。

私

1回目の入国のときも乗り継ぎ目的だったのに何で入国できたの?

恐らく1回目の時の入国審査官のミスです。

ちなみにですが、私が保有していたビザでは「アメリカへの最終入国日から2年間」滞在が認められていました。しかし、メキシコ出張から帰国した際、入国審査官が誤って「入国後90日」の滞在期間で処理してしまって危うく期間を過ぎて不法滞在になりそうなこともありました。

アバウトかよ、アメリカ人。

とは言え、気付かなければ気付かない人の責任になるのが関の山。

行き先のルールを確認し、行った先でも確認確認でご安全に。

当記事は私が2015年に経験したことに基づいて記載しています。当記事の内容は参考までとしていただき、現法を必ずご確認ください。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ でいいねする

コメント

タイトルとURLをコピーしました