アメリカ・メキシコでの運転- 海外で困ったこと、その1

ちょろっと海外留学したりにゅるっと海外旅行したりにょろっと海外勤務したりしたことある私ですが、海外で困ったこと・やらかしたこと、それで分かった気を付けた方が良いことを紹介させていただきます👍
1回目の今回(2回目があるのかは知らない)は車の運転について🚘

★メキシコ編

初めて海外で車を運転したのはメキシコで🌵
初めての左ハンドル右車線を交通ルールなんてあるのかないのかわからないメキシコで経験するわけです。

メキシコでは『ジュネーブ条約』というものに加盟していないので本来は国際免許証では運転できませんが、できました👍警察の気分で捕まるかもしれません、捕まったら「袖の下」払うことになるかも知れません💸なんたって当時の上司が「一方通行に入ろうとしただろ」と言い掛かりを付けられて「袖の下」を支払ったそうですから、警察に👮

運転初日は駐在員にちょろっと交通ルールを教わり講習修了😨
2日目、右折したい交差点で信号待ちをしていると猛烈にクラクションを鳴らされるわけです💥

隣の直進レーンで信号待ちをしていたコカ・コーラを運ぶ運転手さんに言われます。

ドライバー
ドライバー

おまえ行けって!!!

私

信号やん!!ええの??

ドライバー
ドライバー

だから行けって!

恐る恐る右折しました。。。
そう、アメリカやメキシコでは右折(日本では左折の感覚)は信号がでも一時停止して安全確認をした後に進んで良いのです。教えてよ、駐在員さん、ちゃんと勉強していけよ、自分。これクセになると帰国後でもやらかしそうになるので要注意です。

メキシコ(アメリカでも)での右折は
赤信号でも一時停止・安全確認後進んでOK
(標識で禁止されている交差点を除く)

これが最初のカルチャーショック。
メキシコはしょっちゅう事故渋滞発生して時間を読みにくい、道路に窪みが多い(雨降ったときは窪みが見えず急にガターンなる)、一番の衝撃は高速道路で事故起こったときにみんなUターンして逆走し始めたことかな笑

☆アメリカ/カリフォルニア州/ロサンゼルス編

アメリカではちゃんと現地の免許を取って車の運転をしてました👍
ただ日本と違うのは州ごとに免許証が異なります。一時的に他の州で運転するのは問題ありませんが、長期間滞在するならその州での免許の取得が必要です。

アメリカでは「フリーウェイ」て言う無料の自動車専用道が多くあります🚘
私の生活圏内では有料高速道路はほとんどなかったです。無料ゆえ、料金所もありません。側道からフリーウェイに入ったりランプがあったりまちまちです。

ロサンゼルスの隣にロングビーチと言う街がありますが、ロサンゼルス側から行くと110号線(通称ワン・テン)から橋を越えて47号線を走るとロングビーチって感じ。

フリーウェイを走ってロングビーチとの境界辺りだったかな?急に周りの車のスピードが落ちます。「何でやろかなー」と速度そのままで走ってると後ろからサイレン🚨やらかしました、スピード違反、路肩で停まるように指示されます。どこかから速度標識出ていたのに気付かなかったんでしょうね。

最悪や、素直に謝ろ。。
路肩に停めて車を降りてパトカーの方に向かって歩いたそのとき!

👮「#”%”&!)&#”)(&!)&!!」と叫びます。
👨「なんてなんて??」と警官に歩み寄るとなんと!
警官がスタンガンを持って
👮「車に戻れ!!!」と指示します⚡⚡

ゴツイアメリカ人ですらダメージ受けるスタンガンが目の前に

👨💭絶対痛いヤツやんこれ
👨💭いや、ワンチャン死ぬで

とっさに手を上げて降伏します✋
(応戦するつもりもない🤣)

車に戻ると👮「免許証出せ」と指示され違反切符を切られました。
👮「後から裁判所から出頭命令が来るから」と控えを渡されます。

そうこうしていると職場から電話がありました📞

同僚
同僚

Hey, 帰ってこないけどどうしたんだよ

私

すみません、スピード違反で切符切られてました

同僚
同僚

おいおい、なに新しいサボりの言い訳見つけてんだよ

私

ほんとですよー、スタンガン向けられたんですから

同僚
同僚

おまえ何やったの?

事務所に戻ってから教えてもらいました。

アメリカで警察に止められた際は、、、
絶対車から出てはダメ 
→ 応戦しませんよアピール
・両手はハンドルの上 
→ 銃とか持ってないよアピール
・免許証出すときも「バッグから出して良い?」と警察に確認してから
→ いきなり銃取り出さないよアピール

全てを破った私は警察官からすると応戦してくるやべーアジア人😱職場の人いわく「テキサスなら撃たれてたな」らしいです。無傷で帰ってこれて良かった。

その後の手続き詳しく覚えていないのですが、確かオプションが2つ!

1.指定のされた日に裁判所に行って「初犯です」「すみません、知りませんでした」「勘弁してください」と情に訴え罰金減額を狙うオプション

2.裁判所が出してきた罰金を大人しくオンラインで支払うオプション

その2つだったと思いますが、私は情に訴えるほどの語学力もないし大人しく罰金満額支払いました。その額、10万弱💸💸💸

また、初犯の場合、減点されないオプションがあります。
それがトラフィックスクール
受講料(確か数十ドル)がかかりますがオンラインで交通ルールの講習を受講して所定のテストに合格すれば減点免除👌トラフィックスクールもガチゴリのテキストのようなものからマンガチックなものまで色々とあり好きなものを選べます。

👇私が受けたトラフィックスクール👇
https://www.gototrafficschool.com
英語の勉強になりました笑

その他にも色々と交通ルールが異なる点があるので安全のためにもお財布のためにもちゃんと勉強してから運転するようにしましょう。
私は事故こそなかったにせよ罰金で合計10万以上アメリカに貢ぎました💸💸
海外で事故ると恐らくはかなり面倒なのでルールを守って安全運転!今日も1日ご安全に

 

ブログランキング・にほんブログ村へ で いいねする   で いいねする

コメント

タイトルとURLをコピーしました