新型コロナウィルスで思うこと

連続してのコロナ関連の記事で恐縮ですが言わせてください。

元々神妙な面持ちで何につけても批判するワイドショーは好きじゃないし、ニュースにも穿った形で見てしまう私なのですが、昨今の新型コロナウィルスについても「その伝え方どうなの?」って思うことがたくさんある。スポーツには賛美、不倫にはフルボッコ、そして政治には何振り構わず批判、批判、批判、そして批判。

 

2月下旬か3月初旬でしたか、休校・休園を国が要請すると「街の声は、、、」と言って困る人の声を中心に取り上げて行政批判する。

飲み屋やカラオケ・ライブハウスなど名指しで自粛を要請されると「働く人の声は、、、」と売り上げが下がっちゃう人の声を取り上げて行政批判する。実際に閑散としてるんだろうけど殊更に閑散した風景を撮影する。

「若者へ特に外出自粛を求める」と言うと「街の若者は、、、」と若者を映し出す。
いやいや、巣鴨のイベント?映ってたとき爺ちゃん婆ちゃんいっぱい出歩いてたよ?

「緊急事態宣言」を発令すると「遅すぎる」と行政批判する。
そして、「平日の朝は通勤する人でいっぱいです」と混雑した風景を映し出す。遠近法を目一杯使ってより混雑してるように見せる。
それは国の問題ではなく各企業の対応の問題でしょ。

「自粛を要請する」と言うと「線引きは?」と行政批判する。
企業はまだわかる、個人の行動の不要不急くらい自分で考えてくれよ。

困る、困る、困るの声。
批判、批判、批判、そして批判。

 

「土日の自粛要請だけでは意味がない」というのも確か。
だけど、世間一般に土日は「休日」であり、個人の行動は自粛を求めやすい。
しかも土日は出掛けると不特定多数の人と接触するから接触者をを辿りにくい。
平日は企業活動が主になり、企業活動を抑制するのは難しい。
『自粛要請』と『補償』は一体であることを求められるから。
それに企業活動の方がまだ「誰と接触したか」を辿りやすいことが多い。

 

「外食産業に補償を!」と声高々に言うけど本当に外食産業だけでいいの?
食品卸してる会社は?おしぼりとか食器類卸してる会社は?食材やおしぼりを運んでる運送会社は?契約生産農家は?加工会社さんは?輸入品もきっと使ってる。船会社や航空会社へは?通関業者へは?目に見える企業への補償は求めて裏方には求めなくていいの?

元を辿っていくと想像しているよりずっとずっと多くの企業や人が関わりあって社会が成り立っているはずなんよ。だから「外食産業へは補償します!」なんて簡単に言えない。「一律補償します!」て言うとお金に困っていないリッチな人にも貴重な財源を配分しないといけない。じゃぁお金に困ってる人だけ?それこそ線引きはどこ?広めれば広めるほど給付できる額が薄まって結局何の足しにもならない金額になる。「一律」とか綺麗な言葉に騙されたらだめだよ。「一律」「ホクホクに」補償したら財政破綻まっしぐらよ?国が機能せんくなったらもっとえらいことになるよ?10年くらい前のギリシャ思い出して?

「海外では!」とかも言うけど、比べる環境が違うから。
失業率10%超えるスペインと一緒に考える?
金曜日の夕方「はい、君クビね」とスパっと首切られるアメリカと一緒に考える?
消費税20%超えの北欧諸国と一緒に考える?
参考にはなっても良いとこ取りなんてできひんよ。
感染者数・死亡者数も海外と比べてどうのこうの言ってるときあるけど、まず人口が違うから。比較対象との差を補正せず説明してること多すぎじゃない?

「おまえの会社は影響受けてないから言えるんだろ」て思われるかもしれないけど、影響は受けてる。外食産業でも食品扱う会社でも医療系でもないけど、めぐりめぐって影響は受けている、外食産業とかに比べると大きくないだけで。

何が言いたいって何でもかんでも批判するのはおかしいし、報道に踊らされ過ぎじゃない?ってこと。その批判って筋通ってる?文句言うのは簡単さ。けど、この未曾有の事態に何でもタイムリーにベストな方策を出すのは無理やし、今は個人個人ができることを粛々としていくのが大事じゃない?文句言ってもウィルスは収まらんし。廃業に追い込まれる人が見たらムカつくかも知れないけど、相手が悪すぎる、、、見えんし不特定多数に広がるし。

早く終息することを祈るしかない、早く終息させるにはステイホーム。おうちにいよう。できるだけ多くの人がそうして早く終息させることが、医療従事者、少しでも多くの外食産業・カラオケ店・ライブハウス・輸送業者・観光業みんなを守ることになるから。

もう1回、ステイホーム、おうちにいよう
できるだけ多くの人が、最大限の努力で
自身を、家族を、大切な人を守るために
早く元の社会に戻るように

 

ブログランキング・にほんブログ村へ で いいねする   で いいねする

コメント

タイトルとURLをコピーしました