【転職】転職か継続か、内定受諾か内定辞退か

1.転職か継続か、内定受諾か辞退か

前回の記事で1社内定を獲得残りの選考は途中で不合格、若しくは選考辞退という結果になりました。

志望度が高かった機械メーカーCから処遇(基本給はいくら、家賃補助はいくら、前年のボーナス実績はいくらといった想定年収)の連絡もあり受諾すれば転職決定になります。内定受諾後の辞退は基本的に許されませんし内定受諾後スムーズに前職の退職手続きを進めなければ十分な引き継ぎ期間を設けられません。

転職するか、残るか。

転職するつもりで転職活動していたのに、いざ決断となると悩みました。
「本当に機械メーカーCで良いの?」
「一時的な感情に流されてない?」って。

機械メーカーCは電力会社Dの選考が終わるまでかれこれ3週間待ってくれてました。今となっては本当かどうかもわかりませんがエージェント曰く「普通はそんなに待ってくれない、本当に欲しいと思ってるから待っててくれてる」んだそうです。

給料のベースはそんなに変わらない
(残業が減る分年収は下がりますが、、、)
前職から馴染みのある業界で特定の分野で確固たる地位を持ってる会社
けど、転職すればこれまでのキャリアも人脈も全てリセット
いや、でも辞めない限り消化しきれない思いがある
このまま続けても自分にとっても会社にとってもプラスにならない、、、

などなど、、、頭の中で考えてもまとまり切りませんが、転職前に書いたノートを見返すとやっぱり「転職」に気持ちが固まりました。

やらずに後悔するよりやって後悔
不消化の思いは仕事に注力できない言い訳になる

エージェントに内定受諾する旨を伝えました。
エージェントも念入りに「もう引き返せなくなるが大丈夫?」と聞きます。
「大丈夫です、進めてください。」
それが2019年10月10日のこと。
(もう半年も前やん笑)

ちなみに私は結婚していて妻に転職状況や今後の収入の話などもしてましたが👩「早く帰れるようになればそれで良いんじゃない?」とあっけらかんとした感じでした。特に不安に思われず、かといって過度な期待もされず見守ってくれていました。

2.転職前の会社の状況

その頃の前職の状況はと言うと、、、
転職への引き金を引いた”事件”があったのが2019年7月
転職を決意したのが8月、その辺りのことは別の記事で紹介しています。

8月終わりに”事件”を起こした責任者の交代が決定し、10月から責任者が交代になってました。当初は「事を大きくしたくない」といった雰囲気でしたが、責任者を続投させるわけにも行かなくなり、責任者交代が決まりました。そこで働く身としては「どうせそうなるならはよせーよ」って思いましたが、、、
“事件”の真相に憶測が飛び交い、そこで働く我々は何も知らないのに本社地区の方が情報を持っていて色んな話を聞いたり。。。本社地区からすれば自分には関係のない格好のゴシップネタだったんでしょう。我々からすればもううんざりって感じでしたが。その中、支店内の人間が人事に前責任者の続投を裏でお願いしていたなんて話も知り、社内の人間も信用できなくなってました。

連休明けの10月15日、人事部長が支店に来て面談も設けられていましたが、まだ転職先での採用稟議が決議されておらず、当たり障りのない面談で終わらせました。採用稟議が決議されたのは10月21日夕方。珍しく上司に飲みに誘われて飲んでいる最中でした。

いよいよ会社に退職を申し出るタイミングが来ました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ で いいねする   で いいねする

コメント

タイトルとURLをコピーしました