おむつの性能比較と吸収力を担う素材「高分子吸収材」を解説!

baby clothes

娘は3ヶ月になりました🍰

着実に体重が増え、
着実に親のひざ・腰・手首がやられてます笑
そして「パパ見知り」?を初めて僕はメンタルもやられてます笑

今日は『おむつ』の話👶

おむつを何種類か紹介した後、おむつ選びの大事な要素の「吸収力」についてお話します📝

1.我が家のおむつ事情

当初は産院で使っていたP&G パンパース はじめての肌へのいちばんを中心に、試供品で貰ったメリーズ ファーストプレミアムナチュラルムーニー オーガニックコットンなどの良いヤツを使ってました。

 

いつまでも最高ランクのものばかりは使えないので、現在では…

すぐに替えられないかも知れない夜🌜
P&G パンパース はじめての肌へのいちばん

交換頻度を維持できる日中🌞
グーンプラス 敏感肌設計 or
メリーズ さらさらエアスルー

以上を使い分けています。

では、各種をちょこっとずつ紹介しますが、この3種類は個人的には吸収力は申し分ないと思っています。

P&G パンパース はじめての肌へのいちばん

メーカー🏭P&G
ブランド🎈パンパース
商品名🍀はじめての肌へのいちばん
(通称 ”肌いち”)

パンパース はじめての肌へのいちばん
created by Rinker

この商品は同じパンパースブランドの「さらさらケア」の上位バージョンです。

産院で”肌いち”が使われていることや、試供品の高級おむつを使ってしまうと「さらさらケア」の吸収力に満足できず”肌いち”を使っています。

吸収力の差は歴然としていて「さらさらケア」だとうんちの量が多いときは結構大変なことになっていますが、”肌いち”だと結構な量を耐えうる印象です。

使っている3つの中では一番吸収力が良い印象ですぐに替えてあげられない時がある夜に”肌いち”を使っています。

ちなみにP&Gは “The Procter & Gamble Company”という母体をアメリカに置く巨大企業🏢由来は知りませんが「ギャンブル」っていうワードが入っているのが強いですね。笑

花王 メリーズ さらさらエアスルー

メーカー🏭花王
ブランド🎈メリーズ
商品名🍀さらさらエアスルー

花王 メリーズ さらさらエアスルー S
created by Rinker

Smile Smile Merries♪のメリーズ。

言わずと知れたおむつ界の優等生。

ドラッグストアから買い占めが起こり海外に輸出されまくったこともあるほどの実力。

転職前は国際物流業に就いていましたが買い占め騒動の際、実際に中国人の方からコンテナ1本に入るだけ入れて輸出してほしいとの引合を受けたことがありました。。。🚢

なぜそんなことが起こるかと言うと無論「肌にやさしく」「吸水性がよく」「日本ブランド」と品質の良さから中国で高値取引されていたため、転売屋さんがドラッグストアからせっせか買い集めて輸出していたわけです。(無論、個人の転売屋さんが花王と直接取引はできないので。。。)

そんなことが起こるほどのメリーズはやり品質が良く吸収力も申し分ありません。

「さらさらエアスルー」はメリーズブランドの標準品で、上位版に「First Premium」がありますが、個人的には「さらさらエアスルー」で十分すぎると思います!

大王製紙 グーンプラス 敏感肌設計 S

メーカー🏭大王製紙
ブランド🎈エリエール 
     グーン(GOO.N)
商品名🍀グーンプラス 敏感肌設計(テープタイプ)

大王製紙 グーンプラス 敏感肌設計 S
created by Rinker

これはティッシュで有名なエリエールブランド(エリエールは大王製紙という会社が展開しているブランド)の中のグーンというおむつブランド商品です。

職場でもらったおむつケーキにグーンプラスが使われていたのとドラッグストアでメリーズと100円差だったので使ってみると、メリーズと同等の吸収力のように感じます。

注目すべきはよく見ると背中とお腹の部分にパットが付いているのでうんちの漏れ防止に貢献しています👍もっとアピールしていいと思いますが。

エリエールHPより

おむつを支える日本企業の技術

さて、ここからが私の言いたい本題です。笑

おむつでなにが重要かってやっぱりうんち・おしっこの吸収力だと思うんです💩💧

吸収力が大きいと赤ちゃんの肌への負担やストレスが小さいし、パパママのおむつ替えのストレス軽減にもつながります。吸収力が小さいおむつの時に大量うんち💩をされてうんちの海🌊ができるとそれはもう絶望です🙉

各社の原材料を見ると大体こんな感じ;
表面材: ポリオレフィン不織布
吸水材:吸収紙/綿状パルプ/高分子吸水材
防水材:ポリオレフィン系フィルム
止着材:ポリオレフィンなど
伸縮材:ポリウレタン

赤字にした「高分子吸収材」ってのがいわゆる「ポリマー」で水を吸うアレです。

そして「高分子吸収材」のリーディングカンパニーが我らが日本、大阪・東京に本社を置く「株式会社日本触媒」という会社なのです。どのメーカーがどのメーカーの素材を採用しているかはわかりませんが、なんと世界の紙おむつの4枚に1枚は日本触媒の素材が使われているそうな。

日本触媒HPより

「高分子吸収材」はその自重の100~1000倍もの水(高分子吸収材が1gなら100g~1000gの水)を吸収し保水することができる優れものです。

高分子吸収材は粉体ですが、水分を吸うとジェルのようになって膨れるのでおむつがおしっこを吸収するとおむつが「パンパン」になるわけで、さらに保水力があるため一度吸収すると染み出したり滴り落ちたりすることなく、あかちゃんのお肌や服が濡れにくく・蒸れにくくなります。

日本触媒をはじめとする各社の企業努力でその性能が極限まで高められ、少ない原料で大きな吸収力を生み出すことでおむつの薄さに貢献し、大きな吸収力と保水力であかちゃんのお肌への負担を減らしてくれているわけです。ありがとうございます!!

日本触媒は高分子吸収材といった既存製品の他、今後半導体や電気自動車(EV)関連の素材を新規事業として成長戦略に入れているので裏方かも知れませんが今後同社にお世話になるシーンはますます増えるかもしれませんね。

なお、私は一切日本触媒との関係性はございません。笑

ちなみに素材に書かれている「ポリオレフィン」ってのは聞き慣れませんが、ポリ袋の素材のポリエチレン(PE)やプラコップなどの素材のポリプロピレン(PP)など世に出回っている樹脂原料の総称です。

不織布(ふしょくふ)は文字通り織っていない布のことです。
布マスクも不織布マスクもどっちも布じゃんって思う今日この頃です。

以上です!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ でいいねする

コメント

タイトルとURLをコピーしました