妊娠31週(8ヶ月目) 妻や胎児の様子は?

妊婦と夫

昨日で妊娠31週目に突入しました!
今週で妊娠8ヶ月目もおしまい!

今回は妻の様子にフォーカスを置いてレポートします📝

1.妊娠8ヶ月目後半 妻の様子は

体調は良し◎重いものはダメ✖

つわりで苦しんでた頃が昔のことのようです。

見るからに気分悪そうなことはもうないですし、ご飯もしっかり食べてます。

私が6月から在宅勤務が解け、外回りも再開しているため帰りが遅くなってしまう時が多いですが、妻が晩ご飯作ってくれててとても助かってます。

私が帰り道に数日分の買い物をして妻が作るってパターンが増えました。

家事9割負担を目標にしていましたが

👩:在宅勤務🏡

 🆚

👨:通常勤務💼

この戦いに勝てる訳もなく、、、

今は私が買い出し・洗い物・洗濯物畳んだりなどで家事負担は5分5分、若しくは妻の方がシェアが大きいかもしれません💣自分勝手に良く解釈すれば『家事してくれる元気が戻っている』ってことですが。決して無理はしないでください🙅

ただ重いものはもう完全ダメっぽいです。
我が家は和室に布団並べて寝てますが布団上げ下げはもう無理、
お米の袋持ち上げるのも無理、
タオルハンガー?取り込むのも無理、
かがむのも厳しくなっているみたいです。

お腹がすぐ張る

よく「お腹が張るー」と言っているのが気になります。痛いとかではないようですが、触ってみるとカチコチです🗿

張りが続いて気になる時は処方された「ウテメリン」を服用するようになりました。
「動悸とか副作用が出ることがあるらしい」と不安にしていましたが、幸いにも今のところ副作用は出ていないようです。

余談ですが私は「ボルタレン」を避けています。
扁桃腺が腫れたとき(初めてでいきなり!医者もびっくり巨大サイズ!飲食の度に激痛で、このまま喉が塞がって死ぬんじゃないかと思うくらい)に処方されましたが、体調の問題か体質の問題か発疹して体中に痒くなって服用止めると次は喉が痛いという二重苦に。あと風邪薬飲んで車の運転したら高速道路上で眠気に襲われて中央分離帯に接触したこともあります。
以上、薬の副作用は怖いって話でした。

あと立ちっぱなしになるのもダメみたい。
洗い物とかはお任せください👍

2.お腹は着々と大きくなっている

お腹の張りはお腹の赤ちゃんの成長に妻のお腹の肌の伸びが追い付かず張っているんじゃないか説がありますが、定かではありません。

以前はお腹の奥にポコっと何かがあるって感じでした。今では「この辺りに頭があって、この辺りに足かな」って感じで部位単位でわかるようになってきました👶

妊娠線はいまのところ出ていません!
初期:NIVEA
途中:サンプルでもらった良いクリーム
最近:友達からもらったWELEDA
毎日ケアを怠らずしてはります。

ヴェレダ マザーズ ボディオイル100mL
created by Rinker

友達からもらったWELEDAのオイル

寒い季節はニベアを手で温めてから塗るよう指示されてましたが笑
今はセカセカ自分で塗ってはります。

寝る体勢には非常に苦労していて

妻

仰向けはしんどいし、
シムズの体位(横向きで抱き枕抱えるような体勢)がやっぱ楽かなー、

と寝る前は言っていますが
私が朝起きたら腹出して仰向けで寝てることもよくあります笑

たまひよの抱き枕【スタンダード】丸洗いで清潔!妊娠〜授乳用お助け抱き枕
created by Rinker

妻愛用、たまに蹴飛ばされたまに私に奪われてる抱き枕

3.胎動はパンチ系から寝返り系まで?

パンチ系の胎動からぐねんぐねんした寝返り系?の胎動まで色々あるようです。

以前はお腹の真ん中に片手を当てて感じていた胎動も、赤ちゃんの成長とともに広範囲になっています。溝落ち辺りで胎動を感じることもあるようで、今は両手を広げてお腹に手を当てて胎動を感じています👐

周囲の明るさを認識しているようで、夜中お手洗いに行くと胎動を感じることもあるんだそう。急に明るくなって目が覚めたんかな?私は爆睡していますが。

しかし相変わらず私がお腹触るとサッと動きを止めます。。。

この前お腹に耳を当てたら「邪魔だ!」と言わんばかりにパンチパンチされました。嬉しい。

お腹の張りは気になりますが
順調と言えば順調に推移しているのではないかと思います。

妻が8月22日に里帰りしてしまいます。
妻とお腹の子と私の生活はもうすぐお終い。。。

 

応援が励みになります👐

ブログランキング・にほんブログ村へ でいいねする

※この記事は、筆者と筆者の妻の経験に基づき記載しています。本記事は妊娠中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。この記事により生じたいかなる損害に関しても、筆者は責任を負いかねます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました