妊婦の夫はつらいよ、けど妊婦さんはもっと大変。

トツキトオカの画像

在宅勤務明けのナマりは取れきれないし
仕事の外回り量は増やさないといけないし
どんどん暑くなるし、雨も降ってくるし

そして、ときに妻の情緒の波にさらわれるし🌊ザッパーン
けど、友達の金言に救われました😇

第一波🌊「急に悲しくなる」妻

それは1週間前くらいの夜
とてもとても眠い日の夜

妻の様子がおかしい

何かウニョウニョ言うし、
めんどくさい絡み方してくるし、
「なに?どうした?」ってなると
急に泣き出して過呼吸になる

少しして落ち着いたらそのまま入眠

取り残される僕
「さっきのは何だったの???」

僕も眠ると上司に流産したこと伝える超不吉な夢を見る
翌日の仕事中は猛烈に眠い中「今日もちゃんと胎動してるかな?」と不安になる

家に帰るといつもの妻

夜ご飯を済ませて
聞いてぶり返すのを恐れながら
👨「昨日はどうしちゃったの?」
👨「⇗⇘⇗⇘⇗⇘⇗⇘(気持ちの波を表すジェスチャー)これ?」
と聞いてみると

👩「うん、何か急に悲しくなる時がある」

そうかそうか、まぁ元に戻ってよかった
これは以前にもあったこと

第二波🌊子育てのことでいざこざ

そして第二波は今週のこと

保育園いつから入れるか、
認可に入れんかったらどうするか、
どこの保育園が良いか、などを話してたとき

できるだけ長い期間家で子育てしたい妻
そうしたいけど金銭的負担を減らしたい僕

2人の平行線

付き合ってた頃、妻がメンタル崩したときに僕の家に転がり込んでくるのを受け入れたり、結婚後体調崩したときには働きながら力技で妻の実家に近い九州に生活拠点を変えたり、妻が妊娠してからは家事を全面的に引き受けて(ご飯は甘えちゃってるけど)妻の “生きやすさ” をサポートしてきたつもり

それなのに、、、

👩「どうせ子育ては私が全部やらないといけない」
👩「家で子どもの面倒をみてあげたい」
👩「私がやらなきゃいけないんでしょ?」
👩「あんたが世話してくれるの?」って

👨これまでサポートしてきたつもりやけどなー
👨子育てだってするつもりでいるけどなー
👨俺って何もしてへんって思われてんの?
👨俺の費やしたエネルギーは何だったのか
👨というか信頼されてないのか

心外だし悲しいしむかつくし

人生の先輩に相談

そんなときによく相談する友達がいる

この記事に出てきた友達
高校時代からの女友達、一児の母、女性の声代表
(その友達とラインしてることを妻は知っている)

友達の子どもの保育園どうしてたか聞きたかったついでに、こんなことあったって言うと例のごとく5ストロークを超える超超超超長文で女性の声が届く

そこで言われたことを抜粋

🔸お腹に赤ちゃんいる時&産後ね、もうこれはどんだけ口で説明しても当事者しかわからんのやけど、すごいホルモンバランスの働きで、ガルガルするんだよ女性って。

🔹今はきっと奥様も、自分がこうしたい!という意見を、優先してほしい!という伝え方がもしかしたら、((僕))にとっては普段よりキツい言い方とかに聞こえるかもしれん…それ、どこの嫁にもある!という事だけ心のどこかに覚えておいてあげてくれると…((妻))さんも救われるかなぁ。。

🔸(義姉が)毎日、わたし病気なの?これ異常!?ヤバイ!?って思うくらい、一日中イライラや怒り、頭がいっぱいいっぱいになる感じ、旦那さんへの普段の何気ない事へのイライラ、で精神爆発状態だ、と言ってて。

🔹(育児は)終電近くまで毎日働いて、休日も返上して一番忙しく仕事して、ストレスフル!疲れMAX!今してる仕事しながらも先のこと常に考え頭フル回転!ていう時期よりも、遥かに忙しくて時間がなくて、頭常にフル回転な感じ

🔸お互いありがとうの言葉を是非積極的に使ってね…

🔹なんかさ生まれてからも、すごく育児家事に協力的なパパでさえ、いやそこじゃない、そこじゃないんよ…みたいな事、ママにとってはよくあるみたい。

🔸(ガルガルするのが)本人がそうなりたいわけじゃないのに、そういう気持ちになるから、すごく自己嫌悪と、我慢のストレスで産後鬱とか育児ノイローゼに繋がりやすいみたい。

そしてこう締めくくってました

🔹夫婦が理解し合うことは、子供を理解するよりきっと難しいね!

そりゃそうかもね、子どもは半分自分の血が流れてるけど、夫婦は元は赤の他人なんだもの。

けど、結びついて一緒になって子を授かったからには、難しくとも理解し合おうと歩み寄って、引くところは引いて我慢することは我慢してうまくやっていかないといけないよね。

妊婦の夫はつらいときもあるけど、妊婦や子育てママはもっと大変なんだから。

トツキトオカの画像

そんな苦悩を知っているのか知らないのか、
ベビーには髪生えてきちゃったよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました